銀行系カードローンの違いについて

銀行系カードローンの違いについて

アコム、バンクイックなどのカードローンがありますが、どちらも銀行系(三菱東京UFJ銀行系)のカードローンです。

 

しかし、アコムとバンクイックとでは、同じ銀行系のカードローンでも、適用される法律が異なりますので、審査にも違いが生じてきます。

 

まず、アコムは、三菱東京UFJ銀行系のカードローンでも「消費者金融」になりますので、

 

 貸金業法

 

という法律の制約を受けています。

 

貸金業法では、年収の3分の1までしか融資してはいけない、という「総量規制」や

 

 ・利用明細書の発行
 ・ATM手数料の受取り
 ・収入証明の提出要件

 

など、さまざまな制約の中でサービスを提供しています。

 

これに対して、三菱東京UFJ銀行が提供している「バンクイック」には、このような制約がありませんので、

 

 ・年収の3分の1超の融資も可能(主婦は利用限度額30万円以内)
 ・200万円まで収入証明なしで申し込める
 ・提携ATM手数料が無料

 

という特徴があります。

 

このように、同じ銀行系カードローンにも大きな違いがありますので、「銀行」が提供しているサービスか、あるいは、「銀行ではない業者」によるサービスかで考えたほうが分かりやすいと思います。

 

また、専業主婦など、年収の3分の1を超える融資を受けるときは、銀行のカードローン審査を受けるようにしてください。





当サイトお申込み件数No,1

プロミス

プロミス公式サイトへ!