無利息でも借りれるカードローン【急な出費も即日融資可能】

 

無利息サービスを上手に利用するには?
あなたに合ったカードローンをご案内します!

 

予定外の出費・初めて・計画的な借入に、多く選ばれているのが無利息サービスのあるカードローンです。

 

無利息サービスもさまざま。

 

また、上手に利用するには無利息以外のポイントも合わせてチェックしましょう!

 

ちなみに…少しずつゆっくり期間をかけて返済したい方は、無利息サービスの有無だけでカードローンを選ぶのはオススメできません。

 

以下で、カードローンごとに紹介します!

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

30日間無利息サービス

 

はじめての利用であること。メールアドレスの登録と、書面の受取方法を「ホームページで書面(Web明細)を確認」を選ぶこと。

最短30分で審査回答!最短即日借入可能!
スマホ・PCから24時間振込サービスの瞬フリが便利!

 

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座があれば、平日・土日祝日でも22時までの契約完了で、24時間最短10秒で振込可能!※詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

郵送物なし可能 WEB契約完結も可能
土日祝即日可能 パート・アルバイトOK

プロミス

 

新生銀行カードローン レイク

《180日間と30日間》選べる2つの無利息ローン【30日間無利息または5万円まで180日間無利息】

 

180日間無利息(5万円まで)…契約金額1〜200万円までの方。
30日間無利息
※はじめての利用であること。併用不可。

総量規制対象外の銀行カードローンなので年収1/3以上借入OK
提携コンビニATMの利用手数料0円!
女性専用フリーダイヤルあり!

郵送物なし可能WEB契約完結あり
土日祝即日可能パート・アルバイトOK

 

アコム

30日間金利0円サービス

 

はじめての利用であること。返済期日「35日ごと」で契約すること。

はじめてのキャッシングという方に多く選ばれているアコム!
たった3つの項目入力、3秒でわかる【お試し診断】
即日発行可能!クレジットカード【ACマスターカード】

郵送物なし可能WEB契約完結あり
土日祝即日可能パート・アルバイトOK

もっと詳しく!即日借入可能な無利息カードローン

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

自宅にいながら、WEB契約で即日借入も可能!
最短1時間融資!スピーディー!
30日間無利息サービス!多くの方に選ばれています
※詳しくはプロミス公式サイトでご確認ください。

 

実質年率 / 限度額 収入証明書
年4.5%〜17.8% / 500万円まで 限度額50万円まで不要
審査時間 融資スピード
最 短 30 分 最短1時間融資

 

新生銀行カードローン レイク

選べる2つの無利息ローン【30日間無利息または5万円まで180日間無利息】あり!
パート・アルバイトも安定した収入があればOK!
借入・返済は全国いつでもATM手数料0円!

 

※平日14時までに、お申込みと必要書類の確認の完了が必要です。

実質年率 / 限度額 収入証明書
年4.5%〜18.0% / 500万円まで 限度額100万円まで不要
審査時間 融資スピード
申込み完了画面に表示 即日融資可能

 

アコム

はじめての方にも多く選ばれています!
最大30日間、金利0円サービス開始!
たった3項目の入力、3秒でわかる!お試し診断あり。

 

実質年率 / 限度額 収入証明書
年3.0%〜18.0% / 800万円まで 限度額50万円まで不要
審査時間 融資スピード
最短30分 即日融資可能

カードローンの利息は、お金を借りるサービスの「価格」のようなものです。 厳しい審査に通過して、金利の低いローンを見つけることもできますが、無利息で借りる裏技もあります。 無利息で借りれるローンは、プロミスと新生銀行レイク、ノーローンなどです。 まず、プロミスの無利息は、申込みが初めての方を対象に、最初の借入から「30日間無利息」とするものです。 インターネットからの申込後、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要ですので、事前に確認しておくと良いでしょう。 また、新生銀行レイクの無利息は、  ・30日間無利息  ・5万円まで180日間無利息 の2つから選べるものです。 30日間無利息はプロミスと同じですが、「5万円まで180日間無利息」がある点に特徴があります。 同様に、ノーローンの無利息は「1週間無利息」になりますが、こちらは、完済するごとに「何度でも無利息になる」という点に魅力があります。 どの無利息がお得かは、申し込む人それぞれ異なりますので、まずは、これらの無利息期間について、ホームページで確認してみると良いでしょう。 そのときに、申込条件や申込みに必要な書類などを確認しておくと、スムーズな申込みができるようになります。




当サイトお申込み件数No,1

プロミス

プロミス公式サイトへ!